ミステリ読書録

ミステリ・エンタメ中心の読書録です。

湊かなえ「落日」(角川春樹事務所)

f:id:belarbre820:20191115220338j:plain

湊さん最新作。王様のブランチで特集されていたのを観て、面白そうだと

思っていたので、回って来るのを楽しみにしていました。

黒湊さんのような、白湊さんのような、割とどっちつかずな感じの

ストーリー。読後感的には白でもいいと思うんだけど、扱っている事件は

殺伐とした残虐な一家三人殺害事件だし、虐待描写も出て来るし、途中は

結構イヤミス的な部分も入っているし、黒よりと言えなくもないと思う。

映画監督の長谷部香のキャラが、なんとなく鼻につく感じがして好きになれ

なかったしね。そもそもの発端は、その長谷部香が、新作の映画の題材として、

自分が住んでいた街で起きた『笹塚町一家殺害事件』を取り上げようと思った

ことから始まっています。事件の概要は、引きこもりの男が、当時高校生の妹を

自宅で惨殺し、その後家に火を放って、両親をも焼死に至らしめたというもの。

長谷部香がなぜ15年も経った今その事件を題材にしようと思ったかというと、

その事件の被害者の女子高生が、昔長谷部が母親と住んでいたアパートの隣の

部屋に住んでいたから。当時母親から叱られる度にアパートのベランダに締め

出されていた長谷部にとって、同じようにベランダに出されていた白い指を

持つ隣の女の子との、ほんのささいなやり取りが、心の拠り所となって救われて

いた。

長谷部は、事件のことをもう一度調べ直したいと思い、同じ笹塚町出身の

脚本家である、甲斐千尋に話を聞かせて欲しいと連絡する。無名同然の

売れない脚本家の千尋にとって、新進気鋭の映画監督からの連絡はまたとない

チャンスだった。千尋は、当時の事件のことを調べ始めるのだが――。

物語は、千尋視点で進む現実の章と、香の過去を綴るエピソードの章とが

交互に挟まれています。そこから、じわじわと過去の事件の真実に辿りついて

行く。

読ませる手腕はいつもながらさすがとしか言いようがありません。続きが

気になって、結局二日くらいで読み切ってしまった。千尋にも、香にも、

過去に重いものを抱えていることがわかってくる。千尋の調べで、香が

心の拠り所にしていた沙良の、意外な本性が明らかになって来てしまう。

それを受け入れられない香の言動に、ちょっと違和感を覚えてしまった。

いくら子供の頃に心の支えとなっていたとしたって、実際顔も見たこと

なければ、会話さえ交わしたことのない子に対して、そこまで信頼を置いて

しまうのはどうなんだろう。幼い頃と高校生とじゃ、人格が変わって当然だし、

そういう子に育ってしまったと思うのが普通だと思うんですけど。自分の

信じたいものしか信じないという香の態度は、とても映画監督の取るものじゃ

ないな、と呆れました。沙良みたいに、空気を吸うかのごとくに当たり前に

嘘がつける人っているんですよね。こういう人と関わり合いになってしまった

同級生のイツカさんや、付き合っていた男の子たちは、ただ運が悪かった

としか言いようがないですね。でも、一番可哀想だったのは、力輝斗だと

思うけれど・・・。二人の両親の、力輝斗に対する態度はあまりにも酷いと

思いました。家の中で、誰ひとり味方になってくれる人はいない人生。その

絶望の中で、ただひとつ心の支えになれる存在とめぐり合えたのに・・・。

実は、事件の真実が明らかになる前に、ほとんど事件のからくりは読めて

しまいました。千尋の姉のことも、かなり始めの方で気づきましたし。多分、

彼女はああいう存在なんだろうなー、みたいな。いろいろ伏線は散りばめ

られていましたしね。

でも、最後、香の父親の真実にまでは、想像が至らなかったなぁ。香にとって、

これを知ることができただけでも、笹塚町の事件を取り上げて良かったと

思えたんじゃないでしょうか。

最後まで読むと、タイトルの『落日』の意味が胸に迫って来ます。あるひとが、

人生最後に見た夕日の美しさに思いを馳せながら、物語を静かに閉じることが

出来ました。

香と千尋の映画がどんな風に出来上がったのか、とても観たくなりました。