ミステリ読書録

ミステリ・エンタメ中心の読書録です。

瀬尾まいこ「その扉をたたく音」(集英社)

f:id:belarbre820:20210611200800j:plain

瀬尾さん最新刊。あ~~、今回も良かった~~~。めちゃ良かった~。やっぱ

瀬尾さん好きだー。

『君が夏を走らせる』に続く、『あと少し、もう少し』のスピンオフ作品。

今回は渡部くんが登場。といっても、あんまり覚えてなかったんだけど(おい)。

過去の記事読み返してみたら、個人的に一番気に入っていたのは渡部くんだった

らしい。おい、忘れるなよ、自分。おばあちゃん子の男の子が出て来たのは何となく

覚えていたのだけれどね。おばあちゃんがまだ健在でほっとしました。

中学生の時に駅伝を走ったというエピソードはちょこちょこ出て来て、渡部くんに

とって、あの駅伝がどれだけ大事な経験だったかが伺い知れて嬉しかった。

主人公は29歳で無職で自称ミュージシャンのぼんくら、宮路。ある日、老人

ホームの余興に招かれ、弾き語りを披露した後、その後に演奏した青年のサックス

の音に衝撃を受ける。青年は、そのホームの介護士・渡部だった。青年のサックス

の音に惚れ込んだ宮路は、老人たちのおつかいを請け負う傍らホームに通いつめ、

渡部に一緒に音楽をやろうと誘う。しかし、淡々とホームの仕事をこなす渡部は、

宮路の誘いにピンと来ていないようで、いつも軽く受け流されてしまう。それでも

めげない宮路はしつこくホームに通いつめ、次第に入居者たちとも仲良くなって

行く。ある日、入居者の一人にウクレレを教えて欲しいと頼まれて――。

親が裕福な為、無職でも親からの仕送り20万で生活出来てしまう宮路。29歳

にもなって、未だにモラトリアム真っ只中ってところが痛いやつだなぁと最初は

その言動にいちいちイライラさせられました。ミュージシャンになりたいと

言っている割に、きちんと音楽とも向き合っていないし。なる為の努力とかも

一切してないし。ただ、親の庇護のもと、ぬるま湯に浸かってのほほんとしている

だけの宮路の姿勢がとにかくムカつきました。でも、老人ホームに通うように

なって、老人たちと親しくなっていくうちに、宮路の実は意外とちゃんとしている

性格とか、基本お人好しなところとかがわかって行って、だんだんと好感が持てる

ようになって行きました。

渡部くんとの音楽に対する温度差とかが面白かったな。神様のような音を出す

渡部くんは、介護の仕事に精一杯で、自分の出す音がどれだけすごいかと力説

する宮路の言葉にはてんで無頓着。天才ってそういうものなのかもしれないなーと

思いました。でも、音楽はやっぱり好きみたいで、宮路とホームの余興で音楽を

披露することになったら、すごく熱心に練習に取り組んだりするところが微笑ま

しかったです。

しかし、渡部くんの恋心にはびっくりだった。そうだったのか。宮路のけしかけが

渡部くんの心を動かすことになるのだろうか。あたって砕けろ精神で挑んでみても

良いのでは。っていうか、その後二人の交流はあるのだろうか。もう生徒じゃ

ないしね。次こそ、渡部くん主役でそういう展開の物語を書いてもらいたい気も

するな。

本庄さんと宮路のウクレレ教室のシーンも好きだったな。二人のやり取りがとても

ほんわかしていて。それだけに、本庄さんの態度が変わってしまったシーンは

ショックだったし、切なかったし、やりきれなかった。宮路のショックと悲しみが

伝わって来て。

でも、それ以上に切なかったのは、やっぱり水木のおばあさんとのお別れだなぁ。

老人ホームが舞台なだけに、こういう別れがあるのは仕方がないとはいえ、あれだけ

憎まれ口を叩きながら通じ合っていた二人だったから。手紙はヤバかった・・・。

それでも、宮路が前を向けるようになれたのは、渡部くんのおかげですよね。

今後、二人で音楽をやることはもう本当にないのかな。これで二人の交友が途切れて

しまうのは悲しすぎる。たまにでいいから、二人でセッションとかして欲しいなぁ。

宮路なんかもう、このそよかぜ荘ではみんなと顔馴染みなんだから、老人たちの

顔を見にまた行ってあげて欲しいな。まぁ、その前にちゃんと就職先見つけて

もらいたいですけどね。

最後に出て来た天才は、宮路の為に弾いていたのかな。そうだといいな、と思う。

200ページちょいと、ボリュームは少ないけれど、いろんな要素が詰まっていて、

とても素敵な物語だった。やっぱり瀬尾さんの世界は温かくて、いつ読んでも

心が洗われる気がするな。