ミステリ読書録

ミステリ・エンタメ中心の読書録です。

奥田英朗/「無理」/文藝春秋刊

イメージ 1

奥田英朗さんの「無理」。

合併でできた地方都市、ゆめので暮らす5人。相原友則-弱者を主張する身勝手な市民に嫌気が
さしているケースワーカー。久保史恵-東京の大学に進学し、この町を出ようと心に決めている
高校2年生。加藤裕也-暴走族上がりで詐欺まがいの商品を売りつけるセールスマン。堀部妙子-
スーパーの保安員をしながら新興宗教にすがる、孤独な48歳。山本順一-もっと大きな仕事が
したいと、県議会に打って出る腹づもりの市議会議員。出口のないこの社会で、彼らに未来は
開けるのか(あらすじ抜粋)。


あらすじ抜粋ですみません。なんだかもう、読み終えて疲労困憊って感じで、頭が働きません。
新作が回って来る前に『邪魔』を読んでおいたのははっきり云って間違ってました。ついでに
云うなら『球体の蛇』の直後に読んだのも間違いでした。なんでこんなに嫌な話を立て続けに
読んでしまったのか・・・ほんとにもう、人間不信に陥りそうです・・・。この作品も出て来る
登場人物にことごとく好感も共感も覚えないんだもの。世の中って、こんなに腐り果てちゃった
のか?と疑いたくなるくらい、みんな身勝手で自分のことしか考えてない。唾棄すべき行動ばかり
を取る登場人物たちにはほとほと嫌気がさしました。メインの登場人物は5人。生活保護課の
市役所職員・相原、東京の大学に進学して地方都市から逃げ出したい女子高生・史恵、暴走族
上がりで詐欺まがいの訪問販売を繰り返す営業マン・加藤、夫と離婚し一人孤独に暮らしながら
宗教団体にはまるスーパーの保安員・妙子、浪費家の妻に頭を悩ませながら、次の選挙に向けて
活動を続ける市議会議員の山本。それぞれの視点が交互に語られ、いろんな思惑が錯綜し、最後
にはそれが一点に収束されて行く構成。さすがにキャラの書き分けは巧く、それぞの心理描写は
真に迫っていて非常にリアル。ただ、とにかくどの人物も最悪の方向に物語が急転して行くので、
読めば読むほど気が滅入ってきつかったです。読んでも読んでも事態が良くなるどころか刻一刻と
酷くなって行くんだもの。『最悪』『邪魔』と読んで、予想はしていたものの、立て続けにこういう
嫌な話ばかり読むとさすがに食傷気味になってしまう。リーダビリティはあるから放り出したい
っていう気にはならないんだけど、何度も読む手を止めて叫び出したくなりました。「あーー、
もう!!」って。一人位まともな人間がいて欲しかったけど、誰も彼もがことごとくまともでない。
特に女子高生を拉致した引きこもり男の妄想発言には読んでいて鳥肌が立ちました。自分の理解
できない領域にいる人間と話をすることの恐怖。人間の言葉が通じない狂気に捉われた人間の
思考回路の意味不明さ。まったくもって理解不能でした。怖い、怖すぎる。この、いかれたサイコ
人間ノブヒコが出て来るシーンは、ちょっとしたサイコサスペンスでした・・・。全国のアニメ・
ゲーム好きのおたく系人間から苦情が来るんじゃないだろうか・・・。

でも、他の四人を取り巻く環境もそれにまさるとも劣らない酷さでしたが。公務員のくせに
売春主婦に耽溺する山本も大嫌いなキャラでした。高額な生活保護を受けることに甘んじて、
働こうともせずにぐうたらな生活を続ける受給者の女にもムカつきましたが。詐欺行為で無垢な
老人から高額なお金を騙し取りながら、自分は立派に仕事をしている社会人なんだと勘違いしている
加藤も最低。こういう人間たちがいるから詐欺がエスカレートして行くんだ、と腹が立って仕方
なかったです。まぁ、こうやってあげつらって行くと、キリがない位、最低人間ばっかりが出て
来るお話です。うう、嫌だ嫌だ。地道に、真面目に生きてる人間だってたくさんいる筈なのに。
なんでこう、みんな身勝手でどっか狂っているのか。ゆめの市民は人柄だけはいいみたいな記述が
ラスト付近で出て来るのだけど、そんなの嘘だよー!ってツッコミたくなりました。地方都市の
閉ざされた閉塞感と相まって、読めば読む程息苦しさを感じるような作品でした。でも、先が
気になるから次へ次へと読んじゃうんだけどね。でも、嫌だった(どっちだよ)。

ただ、ラストはあまりにもご都合主義的すぎるのでは。ここまで最悪の状態に陥った5人が同時に
こうなるってのは、さすがに無理があると思うけど・・・むむ。だからタイトルが『無理』なのか!?
結局、彼らの結末がどうなるのかは曖昧なまま無理矢理な収拾の付け方をしたせいで、微妙な
読後感になってしまったような気がする。まぁ、どの人物にしてみても、待ち受けているのは
最悪の未来なのは一目瞭然ではあるのだけれども。この多岐に亘った群像劇を終わらせるには、
こうするしかなかったのかもしれませんけれど。

作品としては好きにはなれない話ですが、やはりぐいぐい読まされてしまうリーダビリティは
さすがです。でも、厭な話続きで食傷気味になっていたせいか、前の二作の時よりも乗り切れ
なかったかなぁ。5人もの転落人生を読んで、なんだか疲れちゃった。三人くらいで良かったかも。
救いのない話からはしばらく遠ざかりたいです・・・。
明るい作品が読みたいよぉ・・・(ぐったり)。