ミステリ読書録

ミステリ・エンタメ中心の読書録です。

東野圭吾/「ナミヤ雑貨店の奇蹟」/角川書店刊

イメージ 1

東野圭吾さんの「ナミヤ雑貨店の奇蹟」。

あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は……。物語が完結するとき、
人知を超えた真実が明らかになる。すべての人に捧げる、心ふるわす物語(紹介文抜粋)。


東野さんの最新作。悩み相談をしてくれる雑貨店を舞台にした、心温まるSFファンタジー
東野さん、また随分と毛色の違うものを書いて来ましたね~。実は、第一章を読んだ時点では
東野さんにしては地味な題材だなーと、少々斜に構えた読み方してたんですよね。あんまり
目新しさを感じないというかね。時空を超えた往復書簡ってのも、どっかで読んだことが
あるようなストーリーだよなーとか思ったし。泥棒三人組にもそんなに好感持てなかったし。
で、第一章のように、泥棒たちと過去にナミヤ雑貨店に悩み事を持ち込んだ人物とのやり取り
が他の章でも繰り返されて行くのかな、とか想像してたんですが。第二章は全く予想外の
方向から物語が展開していったので、いい意味で裏切られました。そして、第三章、第四章
と続いて行くごとに、この作品が、非常に緻密な計算の下で書かれていることがわかるように
なりました。いやもう、ほんと、東野さん、巧いなー!って感心しちゃいましたよ。一作
通して読んで、すごく心が温まりました。途中、やるせない結末の作品もあるんですけどね。
ナミヤ雑貨店と、丸光園との不思議な繋がりにもきちんと説明がありますし。一作ごとに
出て来た伏線が、最終話まで読むと綺麗に回収されるところはお見事!としか言い様が
なかったですね。最終話の落とし所も良かったですしね。泥棒三人組がこの後どうなるのかは、
とても気になりますけれど。晴美が、彼らの正体に気付くことはあり得ないでしょうしね
・・・気付けば、彼らが彼女にとってどれだけ大事な人たちがわかると思うのに。せっかく、
彼らの人生がニアミスしたのにね。晴美にとっては、三人は単なる悪党でしかないなんて。
なんだか、ちょっとやりきれない思いがしました。

泥棒三人組も、最初は敦也の性格が自己中であまり好感持てなかったけど、だんだん読んでいく
うちに憎めなくなって行って、最終的に彼らの身の上を知った上では、彼らのことを応援して
あげたくなりました。泥棒したのにも、彼らなりの必死な理由があったとわかりましたしね。
一生懸命、過去からの相談事に真剣に回答してあげてるところなんかも好感持てました。

ナミヤ雑貨店のナミヤさんの温かみのあるキャラクターも好きでした。ナミヤさんの過去の
ロマンスには驚きましたが・・・いやいや、それって普通、怒るところだと思うんだけど・・・
ナミヤさん、どこまで人がいいんだー!と身悶えしたくなりました^^;;ナミヤさんの
悩み相談のやり取り読んでて、以前一時期流行った生協の白石さんを思い出してしまい
ました(笑)。白石さんの回答もかなりとんちが効いてたみたいなんで(笑)。
真剣な悩みに対しても、おざなりな答えじゃなく、ちゃんと熟考した上でその人の為を
思って答えてあげるところが素敵だなぁ、と思いました。どんな相談をしても、真摯にその
悩みと向きあって答えてくれる人がいるっていいな。特に、子供の頃って、友達にも親にも
言えない悩みがあっても、自分じゃどうにも出来なかったりしましたからねぇ。そんな時、
ナミヤさんみたいな存在があったら、絶対縋りたくなっちゃうだろうなって思う。だから、
ナミヤ雑貨店には次から次へといろんな悩みが寄せられたんでしょうね。


始めは、割とありふれたタイプスリップものなのかな、とちょっとガッカリしながら読んで
たんですが、いやいや、やっぱり、東野圭吾は伊達じゃない。とっても良く出来た、心に沁みる
ハートフルストーリーでした。『Always 三丁目の夕日の世界みたいな、どこか郷愁をそそる、
懐かしい世界観の作品でした。誰が読んでも、面白かった、いい作品読んだって思える作品
じゃないかな、これは。
これだけ人気作家になっても、これだけ緻密な計算が施された作品が書けるんだから、
やっぱり東野さんってすごいなぁって思う。
私はどこまでもついていくよ、東野さん。