ミステリ読書録

ミステリ・エンタメ中心の読書録です。

「いつか、君へ Girls」「いつか、君へ Boys」/集英社文庫刊

イメージ 1

イメージ 2

「いつか、君へ Girls」/「いつか、君へ Boys」。

「いつか、君へ Girls」
人気作家が描く少女たちの物語、第2弾!
三浦しをん島本理生関口尚中田永一橋本紡今野緒雪。人気作家たちが描く、みずみずしく、
彩りゆたかな少女たちの物語。集英社文庫創刊35周年記念の文庫オリジナル作品。

「いつか、君へ Boys」
人気作家が描く少年たちの物語、第2弾!
石田衣良、小川糸、朝井リョウ辻村深月山崎ナオコーラ吉田修一米澤穂信。人気作家
たちが描く、迷いながらも前へと進む少年たちの物語。集英社文庫創刊35周年記念の文庫オリジナル
作品(紹介文抜粋)。


どちらも、個人的に好きな作家が入っていたので、予約してみました。たまたま二冊続けて
回って来たのと(第二弾のGirlsの方が先だったけど)、二冊記事を分けて書く程、印象に
残った作品がなかったので両方一気に書いちゃいます^^;
どちらも、初めまして、の作家さんも何人か。ただ、正直、目当ての作家さん以外で目を
引いた作品ってほとんどなかったなぁ。ページ数も少なめだから、どの作品もなんか中途半端
な印象。強く印象に残ったのは、Girlsの方の中田さんとBoysの方の米澤さんのみですね。
この二作が入っていたので、それぞれに一応読んだ甲斐があったとは思うけれど、アンソロジー
としての出来は正直良かったとは言えません。寄稿作家は有名なひとばかりだけど、おっつけ
仕事みたいな印象の作品ばっかりで、なんだかなーって感じでした。Girlsの方の三浦さん、
Boysの方の辻村さんも、期待していたほどにはいいと思えなかった。意外と面白かったのは、
Girlsのラストを飾った今野さん。出だしはいきなりSFだかファンタジーだかわからない設定
で面食らったけど、物語としては面白かったです。恋愛ものとしても可愛らしい結末で好き
でしたしね。
惜しいなーと思ったのは、Boysの吉田さん。これはこんな短いページ数で書く作品じゃない
よなぁ、と思いました。長編にふくらませたら、『悪人』のような読ませる作品に仕上がる
のじゃないかしら。テーマも結構重いし。短篇のネタで使っちゃうのはちょっと勿体ないなぁと
思いました。
上記に挙げた以外の作品は、読んだばっかなのにすでに記憶に残ってないくらい、可もなく
不可もなくって感じ。短篇として成立してるのかなぁって疑問を感じる作品が多かったです。
短篇って、その作家の技量がよくわかる。短いページ数でも、オチがしっかりしていて
読ませる作品を書くのって難しいんだろうなぁってしみじみ思いました。そういう意味では
先に挙げた中田・米澤さんはさすがの出来でした。その二作だけ、突出してると思いました。
まぁ、個人的に好きな作家だからってのもあるかもしれないですけど。辻村さんがいまいち
だったのはちょっと残念だったな。


以下、簡単にそれぞれ一言づつ感想を(思い出すためのメモ^^;)。

【いつか、君へ Girls】
三浦しをん『てっぺん信号』
江美利のキャラはいまいち好感持てず。でも、老人ホームの篠原老女とのやり取りは
好きでした。

島本理生きよしこの夜』
多枝ちゃんって、やな女だなーと思いました。天然でこれやられたら、たまんないよねぇ・・・。
武田君は、最初好感持ってたのに、心変りの早さにガッカリ。こんな男と恋人同士にならなくて
良かったよ。

関口尚『カウンター・テコンダー』
主人公は男だし、ヒロインも大人の女性。なんか、アンソロジーの趣旨に合ってないよなー、と。
それでストーリーが面白ければOKですが、そこもイマイチ。何だかなぁって感じでした。

中田永一『宗像くんと万年筆事件』
これは良かったです。何といっても、外見は最悪、クラスの嫌われ者の宗像くんが、主人公を
助ける為に一生懸命頑張る姿に感動。万年筆事件をみんなの前で解決する彼は間違いなく、
クラス一かっこいいヒーローでした。中田さんらしい快作です。

橋本紡『薄荷』
これは一番意味不明。何が書きたかったんだろ・・・っていう感想しかないです。

今野緒雪『ねむり姫の星』
少女の為に、未開の土地をどんどん開拓していく少年の逞しさがカッコ良かったです。
TOKIODASH村開拓みたいだと思いました(笑)。オチが素敵です。綿を育てる理由には赤面
でしたけど^^;



【いつか、君へ Boys】
石田衣良『跳ぶ少年』
うーん・・・だから?って感じ。この人は、池袋とか渋谷を書くのがお好きなんでしょうねぇ。

小川糸『僕の太陽』
夫の死をいつまでも引きずる母親に、健気に付き合う息子が可哀想でした。ラスト、母親の決断に
あんぐり。それを受け入れる息子は人間が出来ているなぁと思いました。親子の心温まるお話
っぽく締めくくってるけど、親に振り回されて子供が可哀想、としか思えなかった。

朝井リョウ『ひからない蛍』
文章はやっぱりいまいち良いと思えないけど、お話としては悪くない。太輔の為に、みんなが
家族になろうつするところが感動的でした。Boysの中では米澤さんに次いでこれが良かったかも。

辻村深月サイリウム
姉弟の確執。自分の趣味を棚に上げて、弟の趣味をこき下ろす姉が好きになれなかった。題材的
にもあんまり・・・期待してたのに、ちょっとガッカリでした。

山崎ナオコーラ『正直なこども』
何コレ・・・ってのが正直な感想。主人公のキャラも、オージのキャラも中途半端。何が
書きたかったのかなぁ。作品として成立しているとは言いがたいと思いました。

吉田修一『少年前夜』
先に述べたように、もう少し話を広げた長編で読んでみたい。この短篇では書きたいことが
書ききれていないように感じました。

米澤穂信『913』
ページ数も一番多いですが、ダントツで出来がよい。米澤さんらしい黒オチに背筋が冷えました。
思いを寄せていた先輩がこんな人間だとわかったら・・・人間不信になりそうです(><)。




なんともまぁ、小粒なアンソロジーで読み応えはなかったです^^;
でも、中田さんと米澤さんの作品が読めたから、まぁ、よしとしよう(なぜ上から目線^^;;)。