ミステリ読書録

ミステリ・エンタメ中心の読書録です。

有栖川有栖/「幻坂」/メディアファクトリー刊

イメージ 1

有栖川有栖さんの「幻坂」。

ミステリー作家・有栖川有栖が挑むまったく新しい大阪の怪談。天王寺七坂を舞台に、その長く
刻まれた歴史と文化を背景に、人々の心のすれ違いや深い愛、人情を描く九篇。幻想風味あふれる
作品や、心霊探偵が登場する作品も。怪談専門誌『幽』に発表された傑作怪談(紹介文抜粋)。


有栖川さん最新作。大阪の天王寺七坂』を舞台にした怪談集。といっても、ちょっぴり
ぞくり、とする位で、それほど怖さはありませんでした。どちらかというと、幻想小説的な
作品の方が多かったような。幻想怪奇小説、と言った方が良いのかも。
本書の主人公はまさに坂。叙情性溢れる筆致で、それぞれの坂に纏わる幻想怪奇なストーリーが
綴られます。一作一作は短いですが、それぞれに味わいのある作品ばかりで、なかなかに楽しめ
ました。もともと叙情的な描写はお得意の有栖川さんですから、こういう世界観の作品も
かなりはまってる感じがしましたね。最後の二編は現代からかなり遡った時代背景になって
いるので、大分テイストが違って少し読みにくさも感じたのですが。

一番強烈に印象に残ったのは『口縄坂』ですね。たくさんの猫が棲む坂、というシチュエーション
に最初はほのぼのとした気分でいたのですが、ラストのおぞましさといったら!!こ、こ、こ、
こえーーーー!!(><)って感じでした^^;ホラー的にも、これが一番ぞわっとしたかな。
心霊探偵・濱地健三郎が活躍する『源聖寺坂』『天神坂も印象に残りましたね。心霊探偵って
いうと、どうしても『八雲』ってつけたくなっちゃうんですけど(笑)。もうちょっと他の
作品でも彼の活躍を読んでみたい気はします。『天神坂』の方では、ただ料理屋にある人物を
連れて行っただけの役割でしたからね(苦笑)。それにしても、そこで出て来るお料理が
いちいち美味しそうだった~。
切ない郷愁に溢れた真言坂』も良かったですね。切ないけれども優しいラストの締め方が
好きでした。

情緒たっぷりの大阪の坂の描写がとても良かったです。普段の大阪のイメージとは大分
違った舞台設定になっていると思います。実際実在する坂なので、大阪在住の方には馴染みの
場所だったりするのかな。その地のことを知っていると、より楽しめるのかなーと思いました。
でも、もちろん、全く知らない私も想像の大阪の坂を楽しむことが出来ましたけれどね。
個人的に『坂』っていうと、ついつい京極夏彦さんの京極堂シリーズに出て来る目眩坂を
思い出してしまうのですが。確かに、坂って、何かに遭いそうな場所って感じがしますね。
本書の主人公は間違いなく、坂そのものなんでしょう。装幀も素敵でした。