ミステリ読書録

ヤフーブログから引っ越して来ました。ミステリ・エンタメ中心の読書録です。

太田忠司「遺品博物館」(東京創元社)

f:id:belarbre820:20200909190620j:plain

久々太田さん。依頼人の死後、その人の遺品をひとつだけ収蔵する博物館、遺品

博物館。そこで学芸員を勤める吉田は、依頼人の死後、遺族の元に赴いて遺品の

選定を行う。選定の基準は、生前のその人物の人生に関わる重要な物語を持って

いる物を選ぶこと――死者の遺品を巡る、八つの物語集。

なかなかおもしろかったです。亡くなった個人が生前に依頼していた遺品博物館への

遺贈品を巡って、生前の故人と遺族の悲喜こもごもが描かれます。さらっと読めちゃう

ので、忘れるのも早そうですけど・・・^^;遺品博物館の学芸員の吉田のキャラが

飄々としていていいですね。何考えてるのかさっぱりわかりませんけど。遺品の

選定を行う為に、依頼人の遺族の元にやって来るのだけれど、選定している間は

一切個人的な感情を見せない。あくまでも淡々と遺品を選定して去って行く。ただ、

どの遺品に故人の物語があるのか、それを選ぶ選定眼は非常にクレバーで、さながら

名探偵のよう。吉田さんの慧眼には度々驚かされました。遺品の価値は値段ではなく、

その人の人生における物語が感じられるもの、というのもいいですね。依頼時に、

吉田が本人から詳細な聞き取り調査を行っていて、更に死後、遺族からも生前の故人の

ことを聞くことで、どの遺品を選ぶべきか選定します。どの遺品にもその人の物語が

詰まっていて、確かに選ばれるべきものだな、と思えました。でも、いざ自分が

依頼するとなったら、吉田さんは一体何を選ぶのかなぁと考えると・・・うーん、

全然わからない。私を表す物語が反映されているモノって何だろう・・・。図書館の

利用カードとか?(笑)結婚指輪とかは当たり前だしなぁ。特にこれといった物語も

ないから、きっと吉田さん悩むだろうな(笑)。

オチは切なかったり、皮肉だったりとさまざま。

遺族は必ずしも故人を偲ぶ人ばかりではないけど(遺品目当てに群がるハイエナの

ような奴らもいたし)、吉田さんが選ぶ遺品が、故人と遺族を結ぶものなのは確か

だと思いました。

遺品博物館に遺品が遺贈されることで、その人の思い出(物語)がずっとその場所に

残り続けるのは、ある意味うらやましいことなのかもしれないなぁと思いました。

遺品を見れば、その人の思い出ごと思い出してもらえるってことですもんね。って、

展示されてるところに、その品に纏わる物語の解説とかが書かれているのかどうかは

よくわからないですけど・・・。

遺品博物館自体がどこにあるのかとか、吉田さんのフルネーム、吉田・T・吉夫の

Tが何の略なのかとか、謎は残されたまま。続編が出る可能性はあるのかなぁ。

ラスト一作でTの謎は解けるかと思ったんんだけど・・・結局謎のまま。ラストの

話の仕掛けには途中で気づけたのだけどね。Tの謎まではわからなかった(笑)。

気になるので、いつか続編書いて欲しいな。

加納朋子「二百十番館にようこそ」(文藝春秋)

f:id:belarbre820:20200905193048j:plain

大好きな加納さんの最新作。ニートでネットゲームおたくの俺は、ある日突然

離島にある、亡き伯父から相続した館に住む羽目に。要するに、両親は体よく

ニートの息子を厄介払いしたかったらしい。父親からもらったなけなしの軍資金

50万を手に、ひとり広い館で生活し始めるが、外食やゲーム課金で目に見えて

資金は目減りして行く。どうにかして生活費を稼ぎたい俺は、広い館をニート

限定のシェアハウスとして使う手を考えつく。基本人見知りの俺だけど、ニート

同士だったらギリ話が合うかもしれないと考えたからだ。募集を始めて、すぐに

母親に連れられてヒロという重度のコミュ障青年がやってきた。紆余曲折あって、

ヒロとは上手くやっていけそうだと思い始めた頃、元医者ニートのBJさんも加わる

ことに。医者がいない島に貴重な医者が来てくれたと喜んだのも束の間、BJさん

には医者を辞めたきっかけとなる、苦い経験があることを知り――。ゲームの世界

にしか生きて来なかった青年たちが、島民が老人ばかりの島で、ニート仲間と

リアルな島生活を送って行くうちに、人間として成長して行く青春小説。

ニートだけのシェアハウス、というのが面白い着眼点でしたねー。しかも離島に

ぽつんと建つ館が舞台。殺人事件でも起きそうな設定ですが、そこは加納さん。

終始ほんわかのんびりした空気感で物語が進みます。まぁ、出て来るのがニート

ネトゲおたくばっかなんで、やたらにゲーム世界の描写が出て来たりはします

けど。個人的に、ネットゲームだけじゃなく、ゲーム自体をほとんどやらない人間

なんで、そこまで彼らがゲームにハマる気持ちはさっぱり共感出来ず、ゲーム描写を

読むのもちょっと苦痛だった。ゲームに何時間も取られるくらいなら、その時間

本読みたい人間なんで。

多分、ゲームにハマる人は、逆に本なんか読む暇あったらゲームしたいってこと

なんですよね。別にそこを否定するつもりは毛頭ないですし、そうやって没頭出来る

ことがあるのも悪いことじゃないと思ってます。趣味嗜好は人それぞれってことで。

ただ、ゲーム三昧で親のスネをかじって、廃人みたいになるってのはダメだと思う。

そりゃ、親からしたら、なんとかしたいと思って当然だし、放り出したくなるのも

頷けるってもんです。なんの前触れもなく、いきなり放り出すのはどうかと思い

ましたけど・・・^^;でも、人間、やらなきゃいけない状況に放り出されると、

それなりにやっていけるものなんだなぁというのがよくわかります。今まで社会から

爪弾きにされて来た主人公(ハンドルネームは刹那)だけど、島にやって来たら、

頼れる若者になっちゃうんですから。なんせ、島民はほとんどがじいちゃん

ばあちゃんで、一番若くても五十代。この島民と刹那たちシェアハウスの住民

たちとの触れ合いがとても良かったです。シェアハウスの住民たちは、みんな

基本的にはいい奴ばかりだから、島民たちが困っていたら手を貸してあげるし、島民

たちから施されたものはありがたく受け取る素直さもある。それぞれにイラっと

させられる面もあるけれど、根は真面目で優しい人たちだから、それぞれに好感

持てました。まぁ、実際のニートがこんなに真面目でいい人間ばかりだとも思え

ないのだけどね・・・。

全体的にご都合主義的な展開が多かったけど(島に医者が欲しいと思ったら医者

ニートがやって来たり、郵便局長の仕事が都合良く舞い込んだり、その就職の

ために最低限必要な三百万がタイミング良く手に入ったり)、そのご都合主義的な

展開がかえって、すごく気持ち良く受け入れられるタイプの作品でした。コミュ障

ニートが、少しづつリアルの世界で自分のいる場所を切り開いて行くところが

爽やかに描かれていて、良かったです。

ミステリ要素はないのかなーと残念に思っていたら、終盤畳み掛けるようにいろんな

仕掛けが明らかに。ヒロの恋愛相手タピオカさんの真相とか、ネットゲーム仲間の

ラクダさんの正体とか。そうかー、そういうことだったのかー!って感じでした。

そういえば、タイトルの二百十番館の意味を知った時も、なるほど!って膝を

叩きたくなりましたっけ。気づく人は一発で気づくと思うけど(笑)。

刹那の愛猫、チャットの存在も愛らしくて良かったです。できれば、もうちょっと

活躍の場を作ってあげて欲しかったような。

島民のじいちゃんばあちゃんもみんな、素敵なキャラばっかりでしたね。その

島民を慕って交流するニートたちとの関係がとっても良かった。刹那たちニート

がやって来たことで、この島は確実に若返りましたよね。平均年齢だけの話じゃ

なくって、島に活気が戻ったという意味で。ラストでは、しっかり観光地として

確立して行きそうな展開だし。こうやって、刹那たちの生きられる場所が出来て

良かったです。ニートの子どもに手を焼いている親は、荒療治だけども、

こうして一度徹底的に突き放すのもいいのかもしれないな、と思いました。

 

心霊探偵八雲12 魂の深淵」(角川書店)

f:id:belarbre820:20200831191633j:plain

長年追いかけて来た八雲シリーズ、ついに完結です。一巻が発売されてから15年

以上も経っているんですね。途中さっぱり続きが出ない期間があって、一体八雲

シリーズはどうなってしまったんだろう、と心配することもありましたが、きちんと

最後まで完走して下さって良かったです。

前作の終わりがあまりにも衝撃的だったので、一体どうなってしまうんだろう、と

戦々恐々としながら読みました。特に、八雲が心配で。そして、心配はその通りに

なってしまった。晴香ちゃんの存在が、どれだけ八雲にとって大事だったのかを

痛感させられました。もちろん、晴香ちゃんは八雲だけじゃなく、後藤さんや

石井刑事や真琴さんや奈緒ちゃんにとっても、春風のように優しく温かい存在

だった訳で。みんなそれぞれに晴香ちゃんを大事に思っているのが伝わって来ました。

でも、自暴自棄になった八雲はひとり暴走。一体どうなっちゃうの!?と最後まで

ドキドキしながらページをめくりました。七瀬美雪金田一君の幼馴染じゃない方

ねw)との最終対決のシーンはほんとにハラハラしたなぁ。今までどれだけ読者を

恐怖のどん底に突き落としてきたかわからない彼女ですが、なぜ彼女があんな

モンスターに育ってしまったのか、その過去が明らかになります。まぁ、確かに

可哀想な身の上ではあるけれど、だとしてもあんな悪魔みたいな所業の数々を

許せる訳はないでしょう。それでも、最後に少しだけ、八雲のおかげで人間の心を

取り戻せたことは良かったです。八雲は散々な目に遭わされましたけどね。

晴香ちゃんのことは、最後のページをめくるまで希望を捨てずに読みました。

自暴自棄になった八雲の前にあの姿で現れた時は、さすがにもうダメかと思い

ましたが・・・。

神永さんを信じて読み続けて良かったです。素直になった八雲が今後どういう

態度になるのか、気になって仕方がありません(笑)。

八雲は、今回のことで自分にとって一番大事なものが何なのかよくわかっただろうし、今後はもう少し他人に素直になれるんじゃないかなぁ。憎まれ口ばかり叩いていた

後藤さんに対してもね。命の恩人だしね。

相変わらず、石井さんは後藤さんに叩かれてばかりで可哀想だったな。現実に

こういう人いたら、完全にパワハラとか暴力とかで訴えられてるんでは・・・。

石井さんはマゾ体質だから問題にならないんだろうけど。何せ、もともと後藤さん

LOVEな人だから、大好きな後藤さんになら何やられてもOK、みたいな(笑)。

あとがきで今後の八雲シリーズについて、嬉しい言及がありました。京極先生に

言われたら、そりゃー、もう書くしかないと思いますよー!その日が少しでも

早く来るよう、祈りたいと思います。

 

森見登美彦(原案:上田誠)「四畳半タイムマシンブルース」(角川書店)

f:id:belarbre820:20200826190937j:plain

モリミー最新刊。著者四畳半神話大系と映画サマータイムマシン・ブルース

のオリジナルコラボ小説。

映画の方の『サマータイム~』は観ていませんが、なかなか面白かったです。

久しぶりに『四畳半~』の大学生たちのわちゃわちゃした感じを思い出して、

懐かしかったし楽しかった。やっぱり、モリミーの真髄は四畳半の中にあります

よね。

いろいろとツッコミ所は満載なのだけれど、こういう世界観なんだ、悪いか!

みたいな、突っ走った感じがモリミーらしくて良かった。『サマータイム~』の

ストーリーも、多分ばかばかしくて笑える感じなんだろうな~っていうのも

伝わって来ましたし。『四畳半~』に出て来た懐かしのキャラたちとの再会も

嬉しかったです。久しぶりにもちぐまとも会えたしね!明石さんが持ってる

もちぐまって、そんなにいろんな色があったんだ、とそこに一番びっくりしたかも。

私のイメージは白だったんだけど、どこで間違ったんだろう・・・??(表紙が

白いくまっぽかったからだと思うけど・・・あれは灰色だったのか?)

灼熱の京都の夏を乗り切るために、タイムマシーンに乗って一日前に戻って、

壊れる前のクーラー(エアコンではないところがポイントよね)のリモコンを

持って来ることを考えついた大学生たちのお話。ただそれだけのお話ではあるの

だけど、彼らの行く手には様々な困難が待ち構えているという。たった二日間

の出来事なんですが、タイムマシーンのおかげで最後はかなり壮大な物語に

なってます。まさか99年前の河童伝説の真相までもが暴かれるとは。コーラに

壊されたリモコンの発端がそんなところにあるとも思わなかったし。辻褄が

合っているような、いないような。タイムトラベルものはいろいろと頭がこんがら

がっちゃうところがあって基本的にはあんまり好きじゃないんだけど、これは

タイムパラドックスとかそいういう面倒な設定とかあまり深く考えずに、阿呆な

学生たちのわちゃわちゃをただ愉しめばいいって話じゃないかなぁ(え、違う?w)。

タイムマシーンを四畳半に持ち込んだ張本人、25年先の未来から来た田村の正体

には驚かされました。なるほど、なるほど、むふふふふ(怖)。田村がもっさりして

いる理由もこれで腑に落ちましたよ。母親に似たらそうはならないでしょう。

父親の影響ですよね、当然。彼の両親の恋が成就する過程の、うれしはずかしな

あれこれ、私はそれが一番読みたかったよ!

初期のモリミー作品がお好きな方なら、間違いなく楽しめる一作じゃないですかね。

 

 

三沢ケイ「これより良い物件はございません! 東京広尾・イルマディール不動産の営業日誌」(宝島社文庫)

f:id:belarbre820:20200821190059j:plain

はじめましての作家さん。特に何の予備知識もなかったのですけど、タイトル見て

面白そうだったので予約してみました。不動産ものって結構好きなんですよね。

新築物件とか見るの大好きですし。別に買わなくても、チラシとかの間取り見てる

だけでも楽しい。

本書は、失恋して仕事を辞めた藤堂美雪が、たまたま訪れた広尾の不動産屋で

社員として働くことになり、優しく仕事の出来る同僚や、様々なお客様と触れ合う

うちに成長して行くお仕事小説。

さくさく気軽に読めてよかったのですが、不動産小説としてはちょっと食い足り

なかったかなぁ。とにかく、いろんなことが都合良く上手く行き過ぎ。失業中の

美雪がたまたま広尾を訪れたら、不動産屋さんで仕事が見つかって、同僚が

みんな親切でいい人で(まぁ、これは普通にあり得るかもしれないですけど)、

宅建の試験に数ヶ月の勉強で一発合格し、最後はイケメンで超仕事が出来る

先輩社員との恋が成就。普通だったら慣れない仕事で四苦八苦して、いろんな

壁にぶち当たって、それを乗り越えて成長するものだと思うんだけど・・・そういう

要素はほぼゼロ。試練らしい試練といえば、少々嫌な顧客が出て来るくらい。

一番最初に前の不動産会社でめちゃくちゃ嫌な目に遭ってるから、新しい生活では

いいこと尽くしにしてあげたのかもしれませんが。ま、その方が読む側も楽しい

しね。ただ、少なくとも、宅建って付け焼き刃でちょこっと数ヶ月勉強したくらい

で、一発合格出来るものじゃないと思うんだよね。いくら美雪が前の会社も不動産

関係だったからって。もともとすごく頭の良い子で、ものすごーく効率的に

勉強したのかもしれないけど・・・。

あまり考えずにさらっと読むべき作品なんだろうなぁとは思いますけど。この

作品自体、ネット小説大賞という賞を受賞した作品だそうで。なんか、納得。

全体的に、もう一歩づつ踏み込みが足りないって感じなんだよね。軽いというか。

でも、ネット小説だったら、これくらいが丁度いいのかも。文庫だしね。深みは

ないけど、読んでて不快にもならないし、コロナで鬱屈した状態だったら、

こういうさらっと読める作品の方が世の中のニーズにはあっているのかも。

ラストも爽やかでしたし。美雪と営業のエース桜木の恋愛は、距離的にも相当

離れた遠恋になってしまったのでこれから大変だと思うけど、離れていても

お互いを想い合って続いて行くといいなーと思いました。

畠中恵「いちねんかん」(新潮社)

f:id:belarbre820:20200818213344j:plain

年に一度のしゃばけシリーズ最新刊。もう第19弾だそうな。ってことは、19年

以上連載してるってことになるのかな。すごい~。もうライフワーク状態なんで

しょうね。こうやってのんびり続けて行って頂きたいなぁ。

前作で大病を患った若旦那(一太郎)の父親は、妻のおたえを連れて、夫婦水入らず

でゆっくり月日をかけて九州に湯治に行くことに。主夫妻が不在の間、長崎屋を

任された一太郎は、妖と共に、様々な騒動に巻き込まれることに。主がいない

一年間を、一太郎は無事に乗り切ることが出来るのか――というのが大筋。

初めてひとりで大店の長崎屋を任されることになった一太郎が、兄やや妖たちの

力を借りて、奮闘する姿は健気でした。相変わらず病弱で、ちょっとしたことで

すぐ寝込んじゃう辺りはいつもの通りですけれど。

それにしても、あの一太郎に激甘な主夫婦が、一年間も一太郎を置いて旅に出た、

というところに驚きました。旅先でも、心配で湯治どころじゃないんじゃないかと、

私の方が心配になりました(苦笑)。でも、しょっ中心配して文は書いていた

みたいですが、湯治自体は楽しんだらしく、ゆっくり養生出来たみたいで

ほっとしました。

驚いたのは、主夫婦が不在の間に、江戸に疫病が流行るというお話が出て来る所。

作品自体が書かれたのはコロナ禍の前のようですが、今の日本をそのまま表して

いるかのような流行病のお話で、作者には未来を読む力でもあるんじゃないかと

思ってしまいました。江戸の疫病を鎮めた大禍津日神様に、同じように今の

コロナも鎮めてほしいと願わずにはいられませんでした。大禍津日神様じゃなく

ても、どの神様でもいいから、なんとかして収めてくれないかなぁ・・・。日本

には、八百万の神様がいらっしゃる筈なのだから・・・と、ついつい神頼みを

したくなってしまった。このシリーズを読んでいると、妖たちが当たり前のように

日本には存在しているように思えて来るんですよねぇ。京極さんのお話なんかも

そうだけれども。

いろいろ大変なこともありましたが、一太郎や妖たちが奮闘して、なんとか長崎屋

を守り通すことが出来て良かったです。兄やたちや妖たちがついていたとはいえ、

ひとりで商売のことをいろいろと考える機会を持てたことで、一太郎の成長には

大きく役に立ったのではないかな。

砥上裕將「線は、僕を描く」(講談社)

f:id:belarbre820:20200816192554j:plain

本屋大賞候補にもなり、世間でとても評価が高かったので読むのを楽しみにしていた

作品。心を閉ざした青年が、水墨画の世界に足を踏み入れ、絵を描くことで自分を

取り戻して行くお話。

えぇと。うーーーーん。なんだろう、確かに評価されるのはわからなくない。けど。

水墨画の繊細の世界観を見事に描き出していると思うし、水墨画の奥深さに目覚めた

主人公の、複雑に揺れ動く心模様を、優しく美しい筆致で見事に描き出している・・・

というのは間違いないと思う・・・けど、けどもさ。この話、読んでて面白いかな?

というか、私にはあんまり、正直にいって、全然面白くなかった。だって、描写の

ほとんどが水墨画のことについてだし、主人公の霜介は両親亡くして心を閉ざして

いて、感情らしい感情があまりない青年だから、内面描写がどこまでも内向きだし。

なんか、全然ドラマが起こらないんですよ。ずっと、水墨画の繊細で緻密な描写

が続いていて。それを読むのが楽しい人もいるとは思うけど。水墨画に関する

リアルな描写はさすがだと思うし、水墨画自体には興味を惹かれたのですけどね。

作者は実際水墨画の絵師さんなのだそうで、だから描写がリアルなのは当然なの

かもしれませんが。でも、物語としては、どうなんだろう。特に大した盛り上がりも

なく、終わってしまった感じ。霜介と美少女絵師千瑛の水墨画対決の結果は最初から

予想出来た通りではあったし。霜介が水墨画を通して、自分の心の檻から出て来る

ラストは感動的ではあったけれど、巷の大絶賛ほどには、私には心に響かなかったな。

もうちょっと、ドラマ性をもたせて欲しかったなぁ。なんか、ずっと単調なんだもの。

脇役キャラもそれぞれに個性的なのだけれど、上手くその個性が生かされて

いるとも言い難いような。霜介と湖山先生の師弟関係は良かったと思いますが。

文章も改行が少ない水墨画の描写が続くから、途中で読むの疲れて来ちゃったし。

水墨画絵師から作家になられた方みたいだから、とにかく水墨画の魅力を伝える

ことを第一目的に書かれている感じなのかな。何にびっくりしたって、これが

メフィスト賞受賞作ってことですよ。まぁ、メフィスト賞も過去いろんなタイプの

作品を受賞させてきたから、こういうミステリ要素皆無の作品が受賞したって

おかしくはないんだろうけど(SFとかバイオレンスとかいろいろあったしね)。

でもでも、やっぱりせっかくメフィスト賞に応募したのだったら、もう少しミステリ

要素とか入れて欲しかったよなぁ。そこが入っていたら、全然評価は違っていたかも

しれない。それは私がミステリ読みだからであって、一般読者は十分この作品を

評価しているのだから、これはあくまでも私個人の意見ってだけですけど。せめて

もうちょっと、千瑛との恋愛要素でもあれば・・・と思ってしまう私は、少女マンガ

の読みすぎでしょうか・・・。霜介の方は憎からず想ってそうではあるけど、

この二人じゃ、永遠に恋愛関係にはならなそうだよなー・・・。

繊細で細密な水墨画の奥深さはとても感じられるお話ではありました。でも、

それだけのお話って感じもしたな。なんでこれ、こんなに絶賛されたんだろ。

リーダビリティが全然ないから(個人的意見です)、とにかく読むのに時間が

かかってしまった。5日くらいはかかったんじゃないだろうか。

そんなに厚い本じゃないのに。だって、全然先が気にならないんだもん。

アマゾン評価も、のきなみ絶賛だったから、私の感性が変なんでしょうね・・・

・・・うぅ(涙)。

思わぬ作品で黒べるが降臨してしまった。あちゃー。