ミステリ読書録

ミステリ・エンタメ中心の読書録です。

京極夏彦/「邪魅の雫」/講談社ノベルス刊

京極夏彦さんの京極堂シリーズ最新刊「邪魅の雫」。

「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺し
なんだ」「死んだのか」「――自首してください」「死ねばお終いなのだ」「ひとごろし
は報いを受けねばならない」
 昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と。警察も
手を拱く中、つにあの男が登場する!「邪なことをすると――死ぬよ」(背表紙より引用)。

すいません、背表紙のあらすじがあまりにもすごいんで引用させて頂きました^^;
これを読んで内容わかる人いるのだろうか・・・(苦笑)。

さて、本書です。ついにこの読書録に京極作品を加える日が来ました。読み終わって
まず感じたことは、「ああ、終わってしまった・・・」。重いし汚したくないので
家以外では読めないし、いろいろ他の本に寄り道したりしていたせいで、読み始めから読了
までは結構時間がかかりました。800ページ以上もあるし。でも、一度読み出すと長さ
なんて忘れてしまう。京極さんの文章というのは、本当に身体に染み込むような心地よさがある。
京極堂の薀蓄も、普通だったら辟易して読み飛ばすような話なのに、頭の中にさらっと
入り込んで来るから不思議です。ただ、今回、京極堂自体の出番が少なく、お馴染みの
薀蓄もほとんど出て来ないのが物足りなかったのですが。出番が少ないといえば、榎さん
の方が更に少ないですが。そもそも、この物語の発端は榎さんの○○話から始まっている
ので、基本的には榎さんの物語と云っても過言ではない位な筈なのに、榎さんの出番は
驚く程少ない。榎さんファンにとっては相当ストレスが溜まる作品と云えるかも・・・
(私もですが)。でも、途中ちらっと出て来て重要な一言、そしてラスト2ページで
強烈な一言を残して去って行くのだから、相変わらずもの凄い存在感ではありましたが。
榎さんの恋愛話にはちょっとびっくりでしたねぇ。一体どんな恋愛をしていたんだろう。
全く想像できない。その辺りまで書いて欲しかったような、読みたくないような(ジレンマ)。

様々な視点から次々と場面が変わって行くので、正直ついて行くのは大変ですが、ラスト
にはちゃんと物語が繋がって収束する辺りはさすがですね。ただ、連続殺人事件の謎解き
はともかく、大元の真犯人(?)に関しては、途中でほとんどの読者が気付いてしまうの
ではないでしょうか。私も多分こうだろうな、と思いましたし。それでも、その仕掛けには
到底辿りつけませんでしたけど。本書も小説ならではの作品ですね。

さて、我らが愛すべき駄目人間(爆)、関君は今回もいろんな人から虐められっぱなし
でした。京極堂からは相変わらず「君なんか友人ではない」と切捨てられるし、警察へ
行けば「犯人顔」と断言されるし、行く場所行く場所で暴言に遭っていたような・・・。
それを受け入れちゃう関君もすごいですが。でも、関君が榎さんを気にかけていた
所がなんだか嬉しかった。なんだかんだ言っても心配なんですよね。友達ですからね。
(榎さんにとっては‘下僕’でも^^;)
関君と益田君とのコンビはなかなか楽しかったです。益田君がいちいち鞭に拘っていた
のがもう、ツボでした。何故に犯人対策に鞭・・・しかも毒殺犯なのに。それを関君に
隠す辺り読んでる時は顔がにやにやしちゃいました。箒もツボだったけど(笑)。何気に、
お笑い要素が盛り込まれている辺りは、京極さんのサービス精神なのでしょうか。

で、後半はもう、一気にいけたんで、「ああ、終わってしまった」です。800ページ以上も
読んだのに、まだまだこの文章に酔いしれていたい、という気にさせられる所が京極夏彦
のすごい所。次に読めるのはいつになるんだろう・・・次は榎さんをもっと活躍させて
欲しいなぁ。そして京極堂の薀蓄をたっぷり入れて欲しい。そして関君をもっといぢめて
・・・いやいや、小説家として大成させてあげて欲しいものです(無理か)。自分の批評に
悩める小説家ですから(苦笑)。