ミステリ読書録

ミステリ・エンタメ中心の読書録です。

貫井徳郎/「殺人症候群」/双葉文庫刊

貫井徳郎さんの「殺人症候群」。


警視庁人事二課の環敬吾率いる特殊チームは、捜査課が表立って動けない事件を秘密裡に
処理する極秘集団である。今回の彼らの標的は、殺人事件の犯人を、遺族に代わって葬り去る
「職業殺人者」。しかし、依頼を受けたメンバーの中で、倉持だけがこの事件を追うことを拒否し、
姿を消した。残りのメンバーである原田と武藤は倉持の行動に不審を覚えつつ、調査を開始する
――症候群シリーズ完結編。


長らく本棚で積読書として眠っていた本書。読もう読もうと思いつつも、その分厚さに
しり込みしなかなか手が出せずにいたので、旅行を機に読もうと持って行きました。
行きの飛行機での体たらくは「氷菓」の記事の通り。これは帰りも爆睡で読書どころじゃ
ないだろうなぁ~と半ば諦観していたのですが、これが、読み始めたら止まらない。眠気なんか
吹っ飛んでしまい、とにかく先へ先へとページをめくっている自分がいました。結局、成田
に着いてから、実家の近くまで行くリムジンバスの中でも一睡もせずに読みふけってしまい
ました。返却期限が迫った図書館本もあったのですが、本書を最後まで読み切るまでは他の
本になんか到底手が出せない、と思いました。

本書を読んで、「空白の叫び」はこの作品に繋がっていたのだ、と思いました。キャラや設定
がリンクしているという訳ではありませんが、確実に本書の内容が念頭にあってあの作品が
書かれたと思います。もっと早く本書を読んでいたら、「空白~」の読み方がまた違っていた
かもしれません。
シリーズ前二作は、表沙汰にできない事件の犯人を秘密裡に裁くという、ある種の痛快ささえ
感じる、どちらかと言うと現代版必殺仕事人といった趣の作品でしたが、本書はそうした作風
を一切切り捨てています。本書を読んで、前二作はこの作品への伏線に過ぎなかったのだと良く
わかりました。本書は単独でも十分読み応えのある、間違いなくシリーズの最高傑作ですが、
前二作があった上での作品なのは間違いありません。これから読まれる方は是非、前二作を
読んでから読まれることを強くお薦めします。




以下、作品のラストに触れている部分があります。未読の方はご注意下さい。









「空白~」でも感じたことですが、本書でも貫井さんの「殺人」に対する捉え方は「因果応報」
なのではないかと思いました。連鎖するように殺人を重ねて行く犯人たちの末路は全てそうした
思いに基づいている気がします。結局、他人の恨みを代行するという大義名分を持ち出し
殺人を実行する職業殺人者も、心臓病の息子の為に臓器移植のドナーカードを持った人物を
殺して行く母親も、「殺されそうになったから殺した」という気が狂った青年も、同じ末路
を辿る。殺人を犯した者が罪を逃れてのうのうと生きて行くべきではないという、それは
もしかしたら環敬吾と同じ考え方なのかもしれません。
それでも、最後の最後、倉持の末路をぼかして書いたということは、法によって裁かれない
殺人者たちにはやはり制裁を加えるべきという思いもあるからなのでしょうか。少年法に守られた
少年たちが、自分の犯した罪に悔いることもなく、のうのうと生き延びてしまう事実はやはり
理不尽なものを感じます。それが被害に遭った遺族ならば尚更でしょう。だからといって、個人的な
感情で犯人を断罪し、裁くことが許されるのか。少年犯罪を扱った作品を読むと、いつも
いつも考えさせられてしまいます。世の中には「死んだ方がいい」人間が確実に存在する。
それでも・・・。


最後の最後に倉持視点の章を入れたことで、一気に倉持の思いや人となりが明かされます。
そして、それを読んでしまったら、倉持側に肩入れせざるを得なくなる。それまで得体の
知れない陰のような存在であった倉持が、輪郭のはっきりした人間に変わった瞬間、おそらく
読者は彼のしたことを容認し、彼に生き延びて欲しいと願うのではないでしょうか。
やはり、貫井さんはすごい。原稿用紙にして1100枚という本書。「空白の叫び」の時と
同様、読み出したら止まらない、ノンストップ小説でした。終盤、貫井さんらしい、あっと
いわせる仕掛けも見事。



「空白の叫び」に匹敵する力作です。というよりも、この作品があるからこそ「空白~」
が書けたのだと思います。作中においても「空白」という言葉が何度も出て来ますし。
後味がいいとは決して言えない。気が滅入るような救いのない話です。
それでも、読んで何かを感じて欲しい。現代社会の抱える問題を真っ向から描いているから。
環と倉持。理性と感情。どちらも正しいし、どちらも間違っている。きっと答えの出ない
問題なんだろうけれど。


三部作の最後を飾るに相応しい、完成度の高い作品でした。
是非、三部作合わせてお読み頂きたいです。